しんゆり交流空間リリオスを運営しております一般財団法人川崎新都心街づくり財団は、2020年度より新百合ヶ丘地域を郊外地域と捉え、その現状と課題を自主調査と近隣大学への委託研究により行ってきました。

この度、その調査研究の成果を社会人用書籍「持続する郊外」にまとめることができました。

また、小学生向け社会教育読本「丘のまちの物語」を3月中旬に出版予定です。

この事業の成果をぜひ、皆さんに知っていただきたくこの催しを行います。

本年は川崎市制100周年にあたります。この催しはその記念事業として当財団と麻生区の共催で行うこととなりました。

皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。

日時:2024年4月6日(土)

場所:アートセンター内 アルテリオ小劇場

第1部 絵本発表会〈麻生の歴史「丘のまちの物語」〉

  音楽と朗読で麻生の歴史を知ろう

  時間: 13:00~14:20

  内容:    絵本製作者(ひらもとかずお)によるお話

      すすきだ音楽隊によるバイオリン、キーボード、マリンバの演奏(朗読の前後10分)

      ナレーション「丘のまちの物語」

  対象:小学生以上どなたでも(小さいお子様連れの参加も可、保育なし)

第2部 講演会〈麻生の今日~明日 郊外についての7つの研究から〉

  講演:平本一雄(東京都市大名誉教授)

  時間:15:30~17:10

  対象:高校生以上どなたでも


第1部・第2部とも

定員:各140名

参加費:無料

予約制:リリオスHPまたは電話にて受付(2月15日木曜日より受付いたします)

 (電話:平日9:00~17:00/044-281-5036)

*各回に参加された方に絵本「丘のまちの物語」(第1部)、社会人用書籍「持続する郊外」(第2部)をプレゼントします。

 


 

お申込みはこちらから